投稿作業でもっと楽したい!第一弾(プラグインAddQuicktagを活用する)

Posted: 2015.01.01(木)

tag:

WordPressの管理画面から新規投稿するとき、みなさんはどういう方法で投稿作業をされているんでしょうか。私は、用意しておいたパーツを表示させる用のhtmlファイルから、使いたい箇所のタグを都度コピーしていったんテキストエディタである程度編集してからテキストモードにした入力画面にペーストして投稿をしてました。もうちょっと楽な方法はないものか、プラグインを活用して試してみることにしました。

試してみるプラグインは「AddQuicktag」

パーツに関するタグを登録するので、Sublime Textのスニペットを使う感覚で使えるのかなと思い、試してみることにしました。

「TinyMCE Templates」も気になったのですが、テンプレートよりもパーツを任意の箇所で使いたい(Sublime Textのスニペットみたいな感覚で使いたい)という目的により合っているのは「AddQuicktag」と思ったのでまずこちらから試してみます。

まずはインストール

管理画面から「AddQuicktag」を検索してインストール後、有効化します。

インストール後、タグやテキストを登録

インストール済みプラグイン画面の「AddQuicktag」欄の設定リンクをクリックして設定画面を開くか、もしくは設定メニューから「AddQuicktag」リンクをクリックして、タグやテキストを登録していきます。

設定項目詳細

各設定項目の詳細は以下の通りです。

クイックタグの追加と削除

1.Button Label(ボタン名)
管理画面で表示されるボタン表示名。入力必須。英数字のみ(ハイフンを入れることはできませんでした。大文字小文字の区別もできません)。
2.ラベル名
ボタンの説明。日本語入力できます。ボタンにマウスオーバーしたときに表示されるテキスト(title属性の役割を果たします)をここで入力します。任意入力項目なので入力しなくても大丈夫です。
3.Start Tag(s)(開始タグ)
入力必須。
4.終了タグ
開始タグの閉じタグ。任意入力項目。
5.Access Key(アクセスキー)
IEのみ対応?キーを設定してタグの呼び出し可能なようです。任意入力項目。
6.順番
0から順に入力して、タグの表示順を指定可能。任意入力項目。
7.ビジュアルエディターなどのチェックボックス
ビジュアルエディター・投稿・固定ページなどの各編集画面で、登録したタグボタンを表示するかどうか、チェックを入れることで設定できます。

Remove Core Quicktag buttons(コアクイックタグボタンの非表示設定)

非表示に設定できるということで、完全に削除されるわけではないので安心です。

さきほどの、クイックタグの追加と削除項目とは逆で、この項目ではチェックをつけると、デフォルトで表示されていたコアクイックタグボタンが非表示となります。

この項目と他一部項目だけがなぜか英語で、日本語と英語が混在してますが・・・。

チェックをつけた後の設定画面

以下の通り。bとiだけしか見えていませんが、以下に列挙されているデフォルトで表示されていたコアクイックタグボタンを、全て非表示にしてみました。

チェックをつけた後の投稿編集画面

以下の通り。デフォルトで表示されていた、bやiなどのコアクイックタグボタンが非表示となり、カスタマイズして追加したクイックタグボタンのみが表示されています。

「AddQuicktag」良いと思った点

  • デフォルトのbボタンなどを非表示にできる
  • タグを表示する順番を設定可能
  • ビジュアルモードでもテキストモードでも使用可能

アイキャッチのアイディアを考える・投稿内容の構成を考える・アイキャッチ画像を作成するなどなど、1つの投稿をするだけでも考えることや作業が色々あるので、楽できるところがあれば楽したい!

「AddQuicktag」を活用して、これからは投稿作業の流れをスムーズにしたいです。ブラウザの管理画面のみで投稿可能になれば(まあ、画像の作成は別アプリケーションを使うのですが)、だいぶ楽になるはず!です。

参考にさせていただいた記事

コメントする

© 2013 PLUS PUT

page top