Winからの移行ユーザーに送る、初心者向けMacショートカット8選

Posted: 2013.06.25(火)

tag: , ,

Macキーボード画像

最近、思い立ってWinからMacへ移行しました。Macminiの価格で、決断できました。が、移行後しばらくは慣れない環境でイライライライラ・・・。しかも、キーボードもマウスもWinのものをそのまま使ったため、半端ないイライラ感でした。そこで、知ってるとストレス減るなーと思った、ごく基本的なショートカットをまとめてみました。

文字入力の切り替え

文字入力の英語、日本語、カタカナの切り替えは、⌘command + spaceで可能。
commandを押したままspaceを何回か押すことで、英語・日本語・カタカナ(順不同)、と切り替わる。

中黒点「・」の入力

文字入力の際に中黒点「・」を出すには、⌥option + 

これが地味〜に役立ってます。

スクリーンショット

⌘command + Shift + 3で画面全体

⌘command + Shift + 4でドラッグで選択した部分

デスクトップ表示

デスクトップ表示は、Windowsのクイック起動の「デスクトップの表示」のことです。これは、F11。再度F11を押すと、元の画面に戻ります。

Chrome内のタブ移動

⌘command + ⌥option + で、右側のタブへ。

⌘command + ⌥option + で、右側のタブへ。

調べ物をしているときなど、すごい数のタブがならんでいるのでタブ選択をしにくかったんですが、これで選択しやすくなりました。
間違えてタブを閉じちゃう心配もなし。

Spotlight呼び出し

⌃control + spaceでSpotlightを呼び出し。アプリケーションの名前を入力すればすいすい立ち上がります。
ショートカットアイコンの扱いで悩まなくてよいので、便利だなあと思います。

QuickLook

Finder等でファイルを選択している状態でspaceを押すと、中身を簡易表示してくれます。

MissionControl

SpotlightやQuickLookと同様、本当に便利だな、と思ったのがこのMissionControlという機能。
デスクトップの表示を分けてくれるような感じで、作業スペースの表示の切り分けができます。

デフォルトでは、ワークスペースは3つ用意されています。
私は、1つをブラウザ・テキストエディタ作業用、もう1つをグラフィック系ソフト作業用、もう1つを予備、として使ってます。

⌃control + ワークスペース一覧

⌃control + カレントワークスペースに戻る

⌃control + 左のワークスペースに移動

⌃control + 右のワークスペースに移動

以上、基本的なものをまとめてみました。

移行してきて感じたのが、「SpotlightとMissionControl、便利すぎ!」ということ。

私のように、WinXPからMacに移行したばかりの方(仲間は少なそうですが・・・)、ショートカットとMacの機能を使って、その便利さに驚いちゃってください。

コメントする

© 2013 PLUS PUT

page top